制服のシャツ

3月、息子さんの小学校入学を目前に入会されたSさん。

学校指定のシャツと同じものを別の素材で作りたいとのこと。聞けば肌の弱い息子さん、パリッとしたシャツをいやがるんだとか。

普段も素材は綿100%、縫い代を外側にした肌着などいろいろと気を使われているようで。。

通常、型紙をおこすところからのレッスンはしていませんが、理由が理由だけにお引き受けしました。

といっても、指定のシャツの縫い目を全部ほどいて、それを紙に書き写す。作図をするわけではありませんが、かなりの手間です。

ただでさえシャツは難しいので、ちゃんと出来るか正直不安はありましたが、Sさんがんばりました。

3月は通し含め4回通われて素材を変えて2着目の途中まで教室で。その後ご自宅でも2着作られたようです。

写真はそのうちの1着、自力版です。

台衿つき衿とカフス、ボタンホールなど難しい箇所いっぱいなのに、よくお一人で作られたなぁ、と感心。

おかげで息子さん、ストレスなく学校に通ってるとのこと、Sさんの苦労も報われましたね。

昨日は夏服の半袖シャツの型紙と裁断。開襟衿なので、また1からです(汗)

でも長袖より作りやすいです。がんばりましょう♪